NPO法人筋無力症患者会は、重症筋無力症の患者やその家族の励ましと親睦・交流を進めます。

What’s Myasthenia gravis (MG)

  • HOME »
  • What’s Myasthenia gravis (MG)
For pacients of myasthenia gravis,
   the suspicion pacients and the family.

 Currently, it is possible to early diagnosis and early treatment by advances in medicine, the prognosis of MG is significantly improved, “MG” is no longer the fact that he died in the cause.  If you have the proper treatment, you can co-exist with the disease and “You can accomplish a natural life span” .  However, long-term withdrawal from steroids and immunosuppressive agents, medication by the secondary disorders (diabetes, such as cataracts) also has become a big problem.  On the other hand, “myasthenia gravis clinical practice guidelines 2014” was published, and the guidelines shows direction of the treatment of MG.  However, MG still have a lot of unclered points. And a way of thinking and the method for the cure of MG make a great difference between each hospital,  and the doctors.

……Sorry under translation…… 🙄 

 「筋無力症」は免疫疾患ですので、「寛解」はあっても「完治」はありません。筋無力症の症状を完全になくそうとするとステロイドや免疫抑制剤がなかなか減量できず、逆に副作用が強くでて しまう場合があります。また、ステロイドや免疫抑制剤の副作用を心配するあまり、無理な減量をおこない悪化させてしまう場合もあります。「筋無力症と診断された」「疑いがあると診断された」時には、きちんと病気を理解し、余計な不安を持たず、医師とコミュケーションをとりながら治療をすすめることが大切です。日常生活にわずかな不便があっても、仕事や家事、勉強が遂行でき、生き甲斐のある楽しい毎日を送ることを目標に「筋無力症」と付き合っていきましょう。

参照 : 重症筋無力症診療ガイドライン2014(一般社団法人 日本神経学会)

 
  重 症 筋 無 力 症

 自 己 免 疫 疾 患
 「手を上げる」「足を上げる」など様々な動作をおこなう時、その動作の指令は、脳から電気的な信号になり筋肉まで伝わり、末梢神経と筋肉の接ぎ目である神経筋の結合部に伝えられます。重症筋無力症は、その指令を伝達するのに必要な情報伝達物質(アセチルコリン)の筋肉側のアセチルコリン受容体(AChR)を間違って不必要に攻撃、破壊してしまうために筋肉収縮が十分に機能できなくなることによっておこる自己免疫疾患の1つです。

 アセチルコリン受容体の働きを妨げる物質(抗アセチルコリン受容体抗体)が体内で作られて、指令が筋肉に伝わりにくくなることが原因ですが、なぜこのような抗体が作られるかについては解明されておらず、患者の中には、抗アセチルコリン受容体抗体が検出されない人、アセチルコリン受容体の集合に重要な働きをする筋特異的受容体型チロシンキナーゼ(抗マスク抗体)に対する抗体をもつ人もいます。さらに新たな抗体の解明と発見へと研究が進んでいます。

 また、重症筋無力症の患者の中に、胸腺腫など胸腺に異常ある場合があるため、胸腺が発症原因に関わっているとも考えられています。

難 病
 重症筋無力症は、厚生労働省が指定する特定疾患である難病の1つです。
「特定疾患医療受給者証所持者数」は、1974年度は1,506人、2015年度22,108人で、人口10万人あたり、約17.4人になります。2006年の調べでは、11.8人でしたので、有病率は上がってきています。しかしながらこの数字は、「特定疾患医療受給者証所持者数」を基に計算された数字であり、「特定疾患医療受給者証所持者数」を持たない方、「小児慢性特定疾病受給者」の方は計算に含まれていないため実際には人口10万人あたりの有病率は20人程度になるのではないかと推測されます。

難 病 法
 2015年難病法の施行により、難病患者を取り巻く制度や環境は大きく変化しつつあります。

筋 無 力 症 の 特 徴
 筋無力症の男女比は、1:1.7で女性に多いと言われています。
基本的には小児から高齢者まで発症します。5歳未満に最初のピークがあり、全体の約7%、成人後の発症は男女で年齢に違いがみられ、女性の場合は、20~40歳台、男性の場合は、50~60歳台が多いのです。最近では、高齢発症が増加傾向にあります。

難病情報センター | 重症筋無力症   http://www.nanbyou.or.jp/entry/120

 

個 人 差 が あ る 
 重症筋無力症では、弱くなる筋肉の場所は目の回り、口の回り、肩の回り、腕、腰、足など、人によって大きく異なるという特徴があります。 また、症状の程度も人によって違いがあります。
「眼球を動かす筋肉の力が弱くて、物が二重に見えている」「斜視が残っている」「瞼が開かなくなっている」「あごの力が弱くて、しゃべりにくい」「舌が動きにくい」「手足の力が弱い」など後遺症として長い間障害が残って、苦労されている方もいます。後遺症も人によって様々です。
合併症として、潰瘍性大腸炎、甲状腺機能亢進症や全身性エリテマトーデス、関節リウマチなどの膠原病を伴う場合があります。筋萎縮を伴うこともありますが、知覚症状は伴いません。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 042-683-0189 受付時間 10:00~19:00(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © NPO法人 筋無力症患者会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.